09/12/2022
Breaking News

円満退職をスムーズにする秘訣

転職を成功させるための第一関門は、在籍中の会社を円満退職すること。とはいえ、ポイントを誤ったり、配慮が不足していると、思いも寄らないトラブルに巻き込まれるということも。しかし、要点さえしっかり押さえておけば大丈夫です。わだかまりの無いスッキリした円満退職を目指しましょう。退職を決意したら、退職日の1カ月半~2カ月前までを目安に、まずは直属の上司に意思表示をしましょう。退職届を提出するタイミングは、一般的には会社から退職を了承してもらった後、退職日の1カ月前までに提出するのが妥当です。

退職の意思を伝える前に、自分が退職するかどうかの決意が固まっているかを再確認しましょう。意志が固まっていないうちに退職の意向を伝えると、会社からの引き留めにあった場合、気持ちが揺らいでしまうということも。会社に対する不満などの一時的な感情で退職を決めないように、今一度、長期的な目で見て今後の人生設計を見直しましょう。

退職理由を聞かれたら、「自己都合」とするのが円満退職のコツです。退職を決める理由の中には、会社に対しての不平不満があるのは致し方ありませんが、退職するからといってこれまでの会社に対する困りごとをすべて話してしまっては、自ら円満退職への道を阻んでしまうようなもの。それを聞きつけた上司が改善を理由に、引き止めの材料にする可能性もあります。円満退職のためには、会社への不平不満を話すということは避けるべきです。タイミングを見誤らず、直属の上司に自己都合として退職を切り出すことが、円満退職のコツです。引き際でトラブルの無いようにすることで、気持ちよく次の仕事へ向かえるはずです。